糖尿病は発症したら完全には治らない?糖尿病の恐ろしさとは

糖尿病は、誰もがなりうる病気です。「一度発症してしまうと、一生付き合わないといけない」と言われている糖尿病ですが、糖尿病自体よりも糖尿病による合併症が恐ろしいことはご存知でしょうか?気が付かないうちに糖尿病が進行しないために気を付けることと糖尿病の合併症について詳しくご紹介します。

糖尿病とは

「糖尿病」とは、血液中のブドウ糖(血糖)が多くなる病気のことです。
ブドウ糖は、人が生きるために必要なエネルギー源で、血液中のブドウ糖の割合を「血糖値」と言います。

食事をすると一時的に血液中のブドウ糖が増えます(血糖値が高くなる)。
健康な人であれば、すい臓から出る「インスリン」というホルモンにより、ブドウ糖が血液中から体内に取り込まれるので、血糖値が一定の範囲内におさまるようになっています。
しかし、インスリンの出る量が少なかったり、うまく働かなかったりすると、血液中から体内への取り込みがうまくできず、血液中のブドウ糖の割合が高い状態、いわゆる「高血糖」の状態になってしまうのです。 この「高血糖」が続くことにより、様々な病気が引き起こされてしまいます。

実は、「糖尿病」そのものは命を脅かすような病気ではありません。しかし、糖尿病を発端として引き起こされる病気(糖尿病合併症)が原因で生活に様々な支障が出たり、最悪の場合、命を落とす可能性もあるのです。

糖尿病の原因

糖尿病には、「1型糖尿病」と「2型糖尿病」があり、原因はもちろんのこと症状や進行のスピードなども異なります。日本人の糖尿病患者の約95%は「2型糖尿病」と言われています。それぞれについて紹介します。

1型糖尿病

すい臓のインスリンを作る細胞(β細胞)が壊され、インスリンを出す力が弱まったり、出なくなったりすることが原因とされていますが、β細胞が壊される原因ははっきりと分かっていません。 若いうちから発症することも多く、症状は急激に進んでいきます。(緩やかに症状が進むケースもあります)
1型糖尿病の場合、インスリンが不足する状態のため、治療の基本は「インスリンの自己注射」となります。

2型糖尿病

2型糖尿病が発症する直接の原因は、インスリンの分泌量の低下や、インスリンの効果の低下(インスリン抵抗性)、つまりインスリンの作用不足です。もともとの遺伝要因もありますが、食べすぎや運動不足などの環境的要因も加わり、インスリンの作用不足を生じさせます。
2型糖尿病は、40歳以上の人や肥満の人が発症しやすいと言われており、症状はゆっくりと進行していきます。自覚症状が出にくいことが特徴ですが、放っておくと合併症が進んでいき、症状を感じた時には病状がかなり進行しているケースもありますので、早期に受診し、治療を受けることが大切です。

このように「糖尿病」といっても、1型2型では原因から大きく異なります。
ここからは、糖尿病の中でも割合が圧倒的に多い「2型糖尿病」について詳しく紹介していきます。

糖尿病の診断

では、「糖尿病」とはどのような判断基準で診断されるのでしょうか。
糖尿病は、1~2ヶ月の血糖値の変動を反映したHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)の値や、空腹時・食後の血糖値などの検査値以外に、症状や臨床所見、家族歴なども参考に、総合して判断され、「正常型」「境界型」「糖尿病型」という3つの区分に分けられます。

「正常型」は、糖尿病の心配はありません。
「糖尿病型」はまさしく糖尿病であり、合併症が起きる血糖値のレベルです。
「境界型」というのが、「糖尿病予備軍」に該当します。この糖尿病予備軍は、すぐに糖尿病と扱われるわけではありません。しかし、数年以内に糖尿病を発病する可能性が高いと言われています。そのため、生活をきちんと見直し、定期的に検査を受ける必要があります。

糖尿病の初期症状/兆候/セルフチェック

糖尿病は、初期には自覚症状が出にくく、気が付いたころには症状がかなり進行していることも。
そのため、早期発見し、対策や治療を行うことが大切です。ここでは初期に見られやすい3つの症状を紹介します。

  • ・尿の量が多い、のどが渇く

    糖尿病になると、血液中から体内にブドウ糖を取り込めず、血液中にブドウ糖があふれてしまいます。血液中にあふれたブドウ糖を排出するために、尿の量が増えます。その結果、体の水分が失われ、のどが渇くようになります。一時的に補給しても解決しないため、いくら飲んでも渇きはおさまりません。

  • ・体がだるく、疲れやすい

    インスリンの作用不足により、血液中のブドウ糖をエネルギーにうまく変えることができなくなります。そのため、細胞内のエネルギーが不足し、だるく感じたり、疲れやすく感じたりします。

  • ・きちんと食べているにも関わらず体重が減る

    インスリンの作用不足により、食べたものに含まれるブドウ糖をエネルギーに変えることが難しくなります。体内ではエネルギーを十分に確保できなくなるため、体にためこんでいた筋肉や脂肪からエネルギーを使おうとします。その結果、きちんと食べているにも関わらず、体重が減ってしまうのです。

これらの症状が見られる場合には、一度診察を受けることをおすすめします。

糖尿病の合併症「しめじ」と「えのき」

高血糖の状態では、血管が傷ついたり、つまったりしてしまいます。糖尿病は、血糖値が高い状態が続く病気のため、長期にわたり血管を傷つけることになり、それにより様々な疾患を引き起こします。
自覚症状がないからといって、高血糖な状態をそのままにしておくと、体の中では糖尿病が悪化し、合併症が現れるようになります。
糖尿病によって引き起こされる合併症は、糖尿病3大合併症と呼ばれる「しめじ」と、さらに症状が進んだ「えのき」があることを覚えておきましょう。

しめじとえのきのイメージ

・3大合併症「しめじ」とは?

「しめじ」は、体の先端の細い血管(末梢血管)が傷ついて起こります。「糖尿病の3大合併症」と呼ばれるもので、糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病性腎症を指します。

  • 『し』:神経(糖尿病神経障害)

    ⇒高血糖が続くと、細い血管の血流が悪くなり、神経細胞が必要な酸素や栄養がいきわたらなくなり神経障害が起きます。手足のしびれや感覚の鈍り、手足のつりなどの症状が現れます。

  • 『め』:目(糖尿病網膜症)

    ⇒目の細い血管が傷つくことで、血管のつまりや出血が起こります。目の視力の低下や視界のぼやけが現れます。最悪の場合、失明に至ることもあります。

  • 『じ』:腎臓(糖尿病性腎症)

    ⇒腎臓の中の血液をろ過する働きを持つ糸球体(しきゅうたい)の毛細血管が傷つき、血液のろ過がうまくできなくなります。むくみや息切れの症状があり、重度になると腎不全となり人工透析が必要になります。

・さらに深刻な「えのき」とは?

「えのき」は、太い血管が障害されて起こる病気です。「しめじ」よりもさらに症状は重くなります。

  • 『え』:壊疽(えそ)

    ⇒太い血管の流れが悪くなり、ちょっとした傷でも治らずに腐敗します。最悪の場合、切断の必要もあります。

  • 『の』:脳梗塞(のうこうそく)

    ⇒脳の血管がつまり、酸素や栄養が行き届かなくなります。命が助かっても、麻痺などの後遺症が残り、介護が必要になる場合もあります。

  • 『き』:虚血性心疾患(きょけつせいしんしっかん)

    ⇒心筋梗塞などの心疾患を指します。心臓に酸素や栄養を届ける血管がつまることで起こります。命を落とす可能性も高い疾患です。

この他に、歯周病や認知症、がん、骨粗しょう症などにもかかりやすいと言われています。
糖尿病の怖さは「合併症」にあります。糖尿病と診断されたからといって、すぐにこのような合併症が現れるわけではありません。合併症の発症を阻止するために、きちんと治療に取り組む必要があるのです。

まとめ

完全には治らないと言われる糖尿病ですが、糖尿病自体よりも糖尿病から引き起こされる合併症に注意が必要です。「しめじ」や「えのき」などの合併症を引き起こさないためには、早期発見と対策・治療が必要です。
糖尿病は生活習慣が大きく関係しています。今は糖尿病でない人でも、生活習慣しだいで誰でも発症する可能性があるのです。糖尿病にならないためには、第一に生活習慣を振り返り、予防をすることが大切です。 次の記事では、糖尿病の予防方法について紹介します。
糖尿病予備軍の方や、糖尿病が心配な方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。
⇒「糖尿病にならないために!今日からできる糖尿病予防のポイント

「糖尿病」に関する関連記事

監修

メディカルフーズ鈴木久美子
  • 監修:鈴木久美子(管理栄養士)
  • 株式会社メディカルフーズ(宅配療養食専門「食と健康社」)
  • 給食提供会社での勤務、病院での栄養指導、人工透析クリニックでの人工透析食の献立作りなどの経験を経て、平成18年にメディカルフーズを設立。腎臓病食や糖尿病食を中心とした手作りの療養食の献立監修を行う。

商品紹介「食と健康社

6食・8食など、まとまった食数を冷凍状態で宅配便にてお届けします。必要なときに電子レンジで解凍してお召し上がりいただけるので、冷凍庫にストックしておいていただくことで、日々の食事はもちろん、お食事を用意する時間が取れない日などにご活用いただけます。

【糖尿病食】

糖尿病の合併症予防を考慮して栄養価のバランスをとったお弁当。糖尿病の方、糖尿病予防をしたい方、ダイエットをしたい方におすすめ。

  • ・カロリー制限食200kcal(お試し6食コース):3,960円(660円/食)
  • ・カロリー制限食240kcal(お試し6食コース):3,960円(660円/食)

【塩分制限食】

香味野菜や香辛料、出汁を使用して薄味でも美味しく工夫されています。カロリーは240kcal、塩分を2.0g以下に抑えたお食事です。

  • ・塩分制限食(お試し6食コース):3,960円(660円/食)
お弁当をお届けできる店舗を検索します
お届け先の郵便番号を入力してください。
お弁当をお届けできる店舗を検索します
お届け先の郵便番号を入力してください。
WEB限定 お弁当を注文された方全員にあんしん相談室からお茶プレゼント!! WEB限定 お弁当を注文された方全員にあんしん相談室からお茶プレゼント!!