高齢者はなりやすい?脱水症の原因と予防方法を紹介

「脱水症」は体内の体液が失われた状態のこと。特に体内の水分量が少なくなる高齢者は、気をつけたい症状です。本人も気が付かない間に「かくれ脱水」となっていることも…。脱水症になる理由、症状や自分でできるチェック方法、応急処置や予防方法を紹介します。

【脱水症とは?】

「人間の体の約60%は水でできている」ということを聞いたがある方は多いでしょう。
そのとおり、私たちのカラダにはたくさんの水分が含まれており、成人男性体重の60%を占めています。

カラダの水分量

脱水症は、「体液」が失われた状態。単なる「水」不足ではなく、ミネラルの一つであるナトリウム(塩)と水分が同時に不足している状態のことを指します。体液は、主にカラダの水分・電解質・たんぱく質で構成されており、酸素や栄養分の運搬や体温調整、カラダの環境維持など、とても大切な役割を担っています。そのため、体液が不足することで、酸素や栄養素がうまく運ばれない、老廃物が排出されない、体温をうまく調整できないなどの問題が生じてしまうのです。

脱水症のやっかいなところは、症状が出にくい点です。本人や周りの人が気付かない間に脱水症になりかけていることもあります。脱水症になりかけているにも関わらず、有効な対策がとれていない状態を「かくれ脱水」といいます。特に高齢者は「かくれ脱水」になりやすいと言われていますので注意をしましょう。

脱水症と一言にいっても、3つのタイプに分けられます。タイプにより、対応方法も異なります。

  • ・高張性脱水(こうちょうせいだっすい)/水欠乏性脱水

    細胞内液の水分が不足する脱水のこと。発熱や水分の摂取不足や尿量の増加が主な原因です。自分で水分の補給が難しい小さな子供や、のどの渇きが感じにくい高齢者に多い症状です。 この脱水のサインは、喉や口の激しい乾き、尿量の減少などです。

  • ・低張性脱水(ていちょうせいだっすい)/ナトリウム欠乏性脱水

    カラダのナトリウム(塩分)が減少する脱水のこと。下痢や嘔吐、副腎機能の低下などが主な原因です。 この脱水のサインは、頭痛や低血圧、立ちくらみ、食欲不振などです。

  • ・等張性脱水

    水とナトリウムがともに失われることによる起こる脱水のこと。出血や下痢、熱傷などが主な原因です。 この脱水のサインは、口の渇きや尿量の減少、血圧低下などです。

【高齢者が脱水症になりやすい理由】

私たちのカラダは、毎日水分を失っています。尿や便、汗、呼吸などにより、一日に2.5リットルもの水分がカラダから出て行ってしまっているのです。
カラダの体液のバランスを保つためには、出ていった分だけ入れないといけません。入ってくる水分が不足し、出ていく水分が多くなってしまうと、体液が減少しバランスが崩れ、脱水症となってしまうのです。

水分摂取と水分喪失のバランス

脱水症となりやすいのは、子どもと65歳以上の高齢者と言われています。高齢者が脱水症になりやすい5つの理由を紹介します。

  • 1. カラダの感覚の鈍り…水分摂取不足

    カラダの感覚が鈍ることで、のどや口の渇きを感じにくくなり、自分から水分補給することが少なくなります。

  • 2. 食欲や嚥下機能の低下…水分摂取不足

    水分は食べ物の中にも含まれます。食欲低下や、嚥下機能が低下することで食事の量が減り、水分が不足しやすくなります。

  • 3. トイレに行く回数を減らすために水分をとらない…水分摂取不足

    カラダが不自由になったり、介護が必要になったりすると、トイレに行くことも一苦労。水分をとるとトイレに行きたくなってしまうという考えから、トイレの回数を減らすために意図的に水分をとらない場合があります。

  • 4. 薬剤の影響…水分喪失増加

    利尿作用を含んでいる薬剤を飲んでいる方は、尿の量が増えて体液が減少しやすくなります。

  • 5. 筋肉の減少によるカラダの水分量の減少…水分喪失増加

    筋肉はカラダの中で最も多くの体液を含んでいます。加齢により高齢者は筋肉量が減りがちになり、カラダの体液も減ってしまいます。

【脱水症の症状と自分でできるチェック方法】

たかが脱水症、されど脱水症。脱水症を軽く考えてはいけません。程度によっては命にかかわることもあるのです。さらに、脱水症により、血液が濃くドロドロの状態になることで血栓ができやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞の引き金になる可能性もあることを覚えておきましょう。

では、脱水症は具体的にどのような症状が出るのでしょうか。 脱水症の程度により、現れる症状は異なります。

  • ・軽度脱水(水分の減少率1~2%)…ほとんど自覚がない状態

    めまい、ふらつき、口の中の渇き、大量の汗、ぼんやりする、吐き気、食欲不振など

  • ・中等度脱水(減少率は3~9%)…体調が優れないなど、何かしらの自覚症状がある状態

    頭痛、尿量の減少、口の中の粘着き、嘔吐、汗の減少、動きの鈍り、イライラ・精神不安定など

  • ・重度脱水(減少率は10%以上)…命にも関わりかねない危険な状態。

    意識がもうろう、痙攣、昏睡状態、幻覚や錯覚、呼吸困難、チアノーゼ、腎機能の低下など

これらのような症状がでていない場合でも、かくれ脱水になってしまっている場合があります。かくれ脱水になっていないかを自分で確認できる簡単な方法がありますので紹介します。

  • ・手の親指の爪を押す

    指先には毛細血管があります。水分が不足している状態では血流が悪くなるので、親指の爪を押したとき白い状態から赤い状態に戻りにくくなります。 目安は3秒。3秒程度で赤みが戻らない場合は、脱水症の疑いがあります。

  • ・手の甲の皮膚をひっぱる

    皮膚には水分が多く含まれています。脱水症では、皮膚の水分も不足し、肌の弾力が減るため皮膚がもとに戻りにくくなります。目安は3秒。3秒で皮膚が戻らなければ脱水症の疑いがあります。

  • ・舌の状態を見る

    健康な人の舌は色が赤く、表面はなめらかです。対して、脱水症になっている状態だと、舌の表面に光沢がなく、赤黒く乾いています。

この3つは自分ですぐにできる方法です。脱水症にならないためにも、日常的に確認してみると良いでしょう。

【脱水症になりやすいタイミングは?】

脱水症は、暑い中大量に汗をかいたときに注意をすれば良いものではありません。脱水症が起こるのは、カラダの水分量のバランスがくずれたとき。水分量が減少しやすい以下のタイミングには注意が必要です。

  • ・スポーツや運動で汗をかいたとき
  • ・寝ているとき
  • ・入浴中
  • ・暑い夏
  • ・お酒を飲んだ後
  • ・下痢や嘔吐をしたとき
  • ・乾燥しやすい冬

また、高齢者は加齢によりカラダの水分量が不足しがちです。上記のタイミングにかかわらず、日常的に脱水症を疑い、予防を行うことが必要です。

【症状が出た時の応急処置】

では、万が一脱水症の症状が出てしまった場合はどうすることが良いのでしょうか。応急処置の方法を紹介します。

まずはその場で応急処置を行い、経過を追って必要に応じて病院で受診しましょう。 応急処置として1番の方法は、経口補水液で水分補給をすることです。 経口補水液は、スーパーやドラッグストアで購入することができますが、手元にない場合は作ることも可能です。
作り方は、水1リットル、砂糖大さじ4と1/2(40g)、塩小さじ1/2(3g)をしっかり混ぜると完成です。清潔な道具でしっかり混ぜて、その日に飲み切りましょう。
水分補給をするときには、負担をかけないようにゆっくり飲みましょう。
※ただし、塩分摂取の制限がある場合などはまずはかかりつけ医に相談しましょう。

意識がない状態にもなると、脱水症も重度になります。自力で水分補給ができないため、点滴で水分をカラダにいれる必要があります。その場で経過を見るのではなく、救急車で病院へ行きましょう。

  • ・意識がはっきりしている場合
  • ・言動がおかしい・意識がない場合

【日ごろからできる脱水症予防方法】

脱水症にならないために大切なのは日ごろから脱水症予防を行うこと。特に高齢者は、カラダの水分は不足しがち。意識して以下で紹介するような脱水症予防を行うようにしましょう。

  • ・1日に必要な水分量を知る

    一日で失われる水分量は高齢者で約2500㎖。体内の水分量のバランスを保つためには、失った分をとらないといけません。そのため、一般的に高齢者は食事以外で一日1000~1500㎖の水分摂取が必要です。

  • ・定期的な水分補給をする

    高齢者はのどの渇きを感じにくかったり、トイレに行きたがらないなどの理由から水分補給を積極的に行わない傾向があります。「こまめな水分補給をしましょう」というのは簡単ですが、ついつい忘れてしまうことも。
    定期的に水分補給を行うために、日常生活でのイベントのタイミングに合わせて時間を決めるようにすると良いでしょう。一度に1000~1500mlの水分をとるのではなく、カラダの状態に合わせて回数を分けて摂取するようにしましょう。

水分補給のタイミング目安

脱水症予防には周囲のサポートもかかせません。
特に認知症の方は、自分の不調をうまく伝えにくいです。そのため、家族など周りの人が定期的にチェックし、水分の摂取を管理することが大切です。脱水状態は認知症を悪化させる危険性もあります。
お身体状態の悪化を防ぐために、まずは水分補給の管理をきちんと行うようにしましょう。
また、嚥下障害の方は、ゼリーで水分補給をしたり、液体にとろみをつけるなどの工夫をすると良いでしょう。

【まとめ】

脱水症は、症状が進まないとなかなか気づきにくいもの。特に自分で気が付かない「かくれ脱水」には注意が必要です。
何より大切なのは、日ごろから「水分補給をしよう」と心がけておくこと。高齢になると、様々な要因により、脱水症になりやすくなります。カラダの水分量が不足していないかどうかは、今回紹介した方法で簡単にチェックすることができるので、一日一分だけでも使って確認する習慣を持つと良いかもしれません。
また、自分だとなかなかカラダの管理ができない方は、家族や周囲の人が気をつけてあげましょう。
脱水症は、気を付けていれば防げるものです。健康でいられるように、正しい知識と予防方法を身につけて、生活の中で生かしていただければと思います。

お弁当をお届けできる店舗を検索します
お届け先の郵便番号を入力してください。
お弁当をお届けできる店舗を検索します
お届け先の郵便番号を入力してください。
WEB限定 お弁当を注文された方全員にあんしん相談室からお掃除シートプレゼント!!WEB限定 お弁当を注文された方全員にあんしん相談室からお掃除シートプレゼント!!