食事と運動で血糖コントロールを!糖尿病治療で大切なポイント

糖尿病治療の基本は「血糖コントロール」。血糖コントロールは食事療法・運動療法・薬物療法の3つで行われます。治らないと言われる糖尿病ですが、血糖値を良好な状態に保つことで、合併症を予防し、健康な人と同じような生活を送ることも可能なのです。食事・運動・薬物療法で気を付けるポイントを紹介します。

糖尿病治療の基本を知ろう

糖尿病は、慢性的に血糖値が高くなる病気で、いったん糖尿病になってしまうと完治は難しいと言われています。

「完治しないのであれば治療をする意味はあるのか?」と疑問に思う人もいるかもしれません。
治療をする意味はあります。なぜなら適切な治療を行うことで、健康な人と同じような生活を送ることができるからです。それはある意味「糖尿病が治った」状態にすることができます。
逆に治療をしなければ、糖尿病が進行し、糖尿病合併症を発症してしまう可能性が高くなります。糖尿病合併症を発症すると、健康な生活を送ることが難しくなり、最悪の場合、命に関わることにもなりかねません。

糖尿病の治療の基本は、血糖値を良好な状態に保つ「血糖コントロール」を行うことです。 血糖値が高い状態が続くと、血管が傷つき、身体の様々な部分に悪影響を及ぼします。また、血糖値が低すぎることも「低血糖」状態となり危険です。
血糖値を適切な範囲に保ち、合併症の発症を防ぎ健康寿命を伸ばすことが、血糖コントロールの目的です。

血糖コントロールの方法は、食事療法・運動療法・薬物療法の3つがあります。糖尿病のうち、多くを占めるのは2型糖尿病です。2型糖尿病は、生活習慣が大きく関わるとされているため、食事療法と運動療法は欠かすことはできません。薬物療法は、食事療法と運動療法で改善できない分を補うために行うというのが糖尿病治療の基本となります。

「血糖コントロール」って何?

では、血糖値が良好な状態とはどんな状態なのでしょうか?
血糖コントロールを行うにあたって注目すべき数値とそれぞれの目標について紹介します。

「血糖値」と「HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)」とは?

まず、注目すべき数値は「血糖値」と「HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)」です。

「血糖値」は、血液中のブドウ糖の濃度です。この値が高いほど、ブドウ糖の濃度が高く、高血糖の状態といえます。健康な人でも血糖値は絶えず変動し、特に食事の前後で大きな差があります。

「HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)」は、血中でブドウ糖と結合したヘモグロビンの割合です。ヘモグロビンは、赤血球内のたんぱく質の一つで、全身に酸素を送る働きをしています。全身に酸素を送りながら、徐々にブドウ糖と結合します。
ブドウ糖と結合したヘモグロビンを「糖化ヘモグロビン」と言い、「HbA1c」は、糖化ヘモグロビン量÷全ヘモグロビン量の数値となります。血糖値が高ければ、ヘモグロビンに結合するブドウ糖の量が多いのでHbA1cは高くなります。HbA1cは過去1~2ヶ月前の血糖値を反映します。そのため、検査日当日や前日などの食事や運動の影響を受けることはありません。

HbA1cのイメージ

目標とする数値

一般的には空腹時血糖値110mg/dL未満、食後2時間血糖値140mg/dL未満は正常型となります。

血糖値は1日の中で変化し、日によっても変化があるため、一概に目標値を定めることは難しいものです。そこで、血糖コントロールの指標として、過去1~2ヶ月のおおまかな血糖状態が分かるHbA1cが用いられています。一般的な血糖コントロールのHbA1cの目標値は下記のようになっています。

  コントロール目標値(65歳未満)
目標 血糖正常化を目指す際の目標(※1) 合併症予防のための目標(※2) 治療効果が困難な際の目標(※3)
HbA1c(%) 6.0未満 7.0未満 8.0未満

※1:適切な食事療法・運動療法のみで達成可能な場合。また薬物療法中でも低血糖などの副作用なく達成可能な場合
※2:対応する血糖値は空腹時血糖値130mg/dL未満、食後2時間血糖値180mg/dL未満をおおよその目安とする
※3:低血糖などの副作用、その他の理由で治療の強化が難しい場合の目標とする

血糖コントロールも目標は、年齢や糖尿病にかかってからの期間、他疾患の有無などを考慮して個別に設定を行います。特に高齢者の場合は、個々の健康状態の差が大きいものなので、個別に目標を定めることが必要です。

糖尿病の食事療法とは?

血糖コントロールを行う上で、食事療法は必ず行わなければいけません。
食事療法では、「適正なエネルギー量」と「栄養バランス」が大切です。糖尿病だからといって、量や栄養のバランスがとれていれば食べていけないものがあるわけではありません。糖尿病が進行して合併症などを発症してしまうと控えたほうがよい食べ物もあるので、主治医と相談して食事療法を進めていくようにしましょう。

1日のエネルギー摂取量の目安

エネルギー摂取量は、年齢・性別・活動量によって異なります。
一般的には、『身体活動量×標準体重(身長×身長×22)』が1日に適切なエネルギー摂取量となります。
以下の式で、1日のエネルギー量の目安を計算してみましょう。

  • 【デスクワークが中心の人、座っていることが多い人】

    (身体活動量:25~30)×身長(m)×身長(m)×22

  • 【立ち仕事が中心の人】

    (身体活動量:30~35)×身長(m)×身長(m)×22

  • 【力仕事が中心の人】

    (身体活動量:35~)×身長(m)×身長(m)×22

例えば、身長170cmでデスクワークが中心の人であれば、
(25~30)× 1.7(m) × 1.7(m) × 22 = 1,590~1,907kcal
となります。

栄養バランス

3大栄養素を考えるときに最も重要なのが、炭水化物・たんぱく質・脂質です。 炭水化物と脂質は、体を動かすエネルギー源、たんぱく質は骨や筋肉・血管など体を作るもととなります。 エネルギー摂取量の構成として、炭水化物で50~65%、脂質で20~30%、たんぱく質が13~30%が理想的と言われています。 先程の身長170cmでデスクワーク中心の人であれば、炭水化物で850~1,105kcal、脂質で340~510kcal、たんぱく質で220~510kcal程度となります。(1日の摂取量を1,700kcalと設定して計算)

栄養バランスのとれた食事については、こちらでも紹介しています。
⇒「栄養バランスの良い食事とは?3つの献立作りのポイント
献立作りの参考にしてみてはいかがでしょうか。

食事で気を付けるポイント

食事の量とバランス以外にも気を付けると良い5つのポイントを紹介します。

  • ・1日3食規則正しく食べる(だらだらと食べない)
  • ・ゆっくりよく噛んで食べる
  • ・食事記録をつけて食事内容を確認する
  • ・食材の旨味を活かす、醤油はかけずにつけえるなど、減塩の工夫をする
  • ・食品の栄養成分表示を見て買うようにする

食事療法で大切なことは、正しい食習慣を身につけることです。これもダメ!あれもダメ!となると、制限ばかりで食事が楽しめなくなり、精神的に良くありません。今回紹介したポイントに気をつけながら、バランスの良い食事を楽しむようにしましょう。

糖尿病の運動療法とは?

糖尿病の人の場合、歩行・ジョギング・水泳など全身運動になる有酸素運動が適しています。有酸素運動を継続して行うと、インスリンの効果が高まって血糖値が下がりやすくなります。

運動量の目安

糖尿病の運動療法において、適切な脈拍数は59歳以下では120拍/分、60歳以上では100拍/分とされています。これは「他人をおしゃべりしながら続けられる程度の運動」です。脈拍数が多い運動は心臓への負担も大きくなるので注意が必要です。

運動量の目安は、10~30分程度を週3~5日以上です。歩行であれば、1日8,000~10,000歩を目標にしてみましょう。
歩行・ジョギング・水泳などまとまった時間をとって運動ができるときは問題ありませんが、まとまった時間がとれないときには、日常生活の中でなるべく動くことを意識しましょう。
最寄り駅の一駅前で降りて歩く、エスカレーターではなく階段を使う、いつもは車で行っているコンビニに歩いて行ってみる、掃除をしながら体を動かす、など動かそうと思えば動かせる機会は多くあります。10分×3回というコマ切れの30分でも、連続した30分でも同じ効果が得られると言われています。まとまった時間がとれないからと諦めるのではなく、普段から体を動かす意識を持つことがとても大切です。

運動療法で気を付けるポイント

運動療法は、糖尿病の治療だけでなく肥満や生活習慣病のリスクを下げることにもつながりますので、積極的に行うと良いでしょう。
とはいえ、無理は禁物です。無理して運動を行うと、他の病気を引き起こしてしまうこともあります。特に高齢者の方は、加齢によって身体機能が下がりがちなので医師に相談しながら適切な運動療法を行うようにしましょう。

  • ・食事療法とセットで行いましょう
  • ・運動に適した服装や靴で行いましょう
  • ・体調が悪い時、暑さや寒さが厳しい時は無理して行わないようにしましょう
  • ・合併症が進行しているときは必ず医師に相談しましょう
  • ・低血糖に注意しましょう(もしものときのためにブドウ糖などを備えましょう)

運動療法で大切なことは「継続すること」。軽めの運動からはじめ、体をならしながら徐々に運動量を増やしましょう。無理な運動を一時的に行うよりも、継続してできる運動を行うことが大切ですよ。

糖尿病の薬物療法とは?

食事療法と運動療法を続けても血糖コントロールがうまくいかない場合、薬物療法を行います。服用する薬は、人によって異なります。
薬物療法では、決められたとおりに服用をしなければ効果が出なかったり、低血糖を引き起こす恐れがあります。必ず医師の指示通りに服薬をしましょう。

薬の種類と効果

薬物療法では、内服薬と注射薬の2種類に分かれます。

内服薬は、インスリンの分泌を増やす・インスリンの働きを良くする、糖の吸収を遅くするなどの作用を持つ様々な種類の薬があります。薬によって働く臓器や、作用、作用する時間や副作用なども異なるため、その人の体質・病状、合併症などによって適切な薬が処方されます。

注射薬は病院で注射するのではなく、自分で注射をします。特にインスリン注射は、特に1型糖尿病の人には必要不可欠です。インスリンは作用する時間によって超速効型、速効型、中間型、混合型、持続型と種類が分かれており、その人の状態、合併症などに合わせて適切な薬が処方されます。

薬物療法で気を付けるポイント

薬物療法は、用法・容量を守らないと、低血糖など思いもよらない病気を引き起こしてしまう場合があります。薬物療法を行う上での大切なポイントは以下の3つです。

  • ・時間や量など、必ず医師の指示通りに服用しましょう
  • ・薬を飲み忘れてしまった場合の対象方法を確認しておきましょう
  • ・低血糖に気を付ける(もしものためにブドウ糖などを備える)

薬物療法を行っているからといって、食事療法と運動療法をおろそかにしてはいけません。あくまで糖尿病治療の基本は食事療法と運動療法です。どの薬も副作用があるため、なるべくなら薬物療法での治療は避けたいものです。食事療法や運動量を継続して行うことで、薬の量を減らしたり、薬物療法から離脱できた人もいるので、食事療法や運動療法も継続して行うようにしましょう。

まとめ

糖尿病の治療の基本は「食事療法」「運動療法」「薬物療法」です。特に食事療法と運動療法は欠かすことができません。
糖尿病自体の完治は難しいですが、食事療法や運動療法を継続的に行うことで、健康な人と同じような生活を送ることは可能です。逆に治療をせずに放っておくと合併症の発症につながってしまうのです。今回紹介したそれぞれのポイントをふまえながら、主治医の元、血糖コントロールを行い、健康寿命を伸ばしましょう。

「糖尿病」に関連する記事はこちら

監修

  • 監修:鈴木久美子(管理栄養士)
  • 株式会社メディカルフーズ(宅配療養食専門「食と健康社」)
  • 給食提供会社での勤務、病院での栄養指導、人工透析クリニックでの人工透析食の献立作りなどの経験を経て、平成18年にメディカルフーズを設立。腎臓病食や糖尿病食を中心とした手作りの療養食の献立監修を行う。

商品紹介「食と健康社

6食・8食など、まとまった食数を冷凍状態で宅配便にてお届けします。必要なときに電子レンジで解凍してお召し上がりいただけるので、冷凍庫にストックしておいていただくことで、日々の食事はもちろん、お食事を用意する時間が取れない日などにご活用いただけます。

【糖尿病食】

糖尿病の合併症予防を考慮して栄養価のバランスをとったお弁当。糖尿病の方、糖尿病予防をしたい方、ダイエットをしたい方におすすめ。

  • ・カロリー制限食200kcal(お試し6食コース):3,960円(660円/食)
  • ・カロリー制限食240kcal(お試し6食コース):3,960円(660円/食)

【塩分制限食】

香味野菜や香辛料、出汁を使用して薄味でも美味しく工夫されています。カロリーは240kcal、塩分を2.0g以下に抑えたお食事です。

  • ・塩分制限食(お試し6食コース):3,960円(660円/食)
お弁当をお届けできる店舗を検索します
お届け先の郵便番号を入力してください。
お弁当をお届けできる店舗を検索します
お届け先の郵便番号を入力してください。
WEB限定 お弁当を注文された方全員にあんしん相談室からお茶プレゼント!! WEB限定 お弁当を注文された方全員にあんしん相談室からお茶プレゼント!!