白身魚のフライ《食と健康社|バランス栄養食》

今回紹介するメニューは、食と健康社のバランス栄養食の中から「白身魚のフライ」!主菜+副菜3品で283kcal。 食と健康社のバランス栄養食は、生活習慣病予防を第一に栄養バランスを追及しながら美味しさにもこだわった健康保持・増進のためのお食事です。定期コースの6食セットの中の白身魚のフライを主菜のお弁当、さっそくレポートしていきます。

バランス栄養食『白身魚のフライ』


メインのおかずと副菜が3品入ってエネルギーは283kcalのお弁当です。
  • ・エネルギー:283(kcal)
  • ・たんぱく質:16.3(g)
  • ・脂質:14.6(g)
  • ・炭水化物:25.3(g)
  • ・ナトリウム:639(mg)
  • ・カリウム:516(mg)
  • ・リン:179(mg)
  • ・食塩:1.6(g)

このお弁当のメニューは、こちらの4品です。

  • ・白身魚のフライ
  • ・豚肩ロースのスープ煮
  • ・ひじきの煮物
  • ・当座煮

白身魚のフライ

『白身魚のフライ』レポート!

ではさっそく食べた感想をお伝えしていきます!

白身魚のフライ

半分に切られた白身魚のフライと、ポテトフライです。
白身魚は、タラが使われています。
揚げたてという感じはしないですが、冷凍状態とは思えない食感です。
ただ、より美味しく食べるためには、オーブントースターで温めるとより美味しく食べられそうです。
白身魚本来の味が楽しめるのですが、濃い味が好きな方にとっては、少し物足りないかもしれません。
塩分が考えられているとは思いますが、個人的には何かソースがかかっているとより嬉しいなと思いました。

白身魚のフライ

豚肩ロースのスープ煮

豚肩ロースと、ブロッコリー、マッシュルーム、マカロニの入った煮物。
スープ煮とありますが、汁っ気は全くなかったので、どのあたりがスープなのだろうという疑問が浮かびました。
味はコンソメ風味で、マッシュルームやブロッコリーには味が染みていました。
お肉にマカロニにももう少し味がついていたり、汁っ気が多めだと嬉しいなと思いました。

豚肩ロースのスープ煮

ひじきの煮物

ひじきと人参、油揚げの入った煮物。
一般的に外食で出てくるひじきの煮物よりも少し薄めな優しい味です。
見た目、少し水分が多めかな?と感じましたが、食べてみると水っぽさはあまり感じれませんでした。

ひじきの煮物

当座煮

あさりの当座煮です。 当座煮は、当分の間食べられるという意味の煮物。
味も濃いのかと思いきや、それほど濃くはなくわりとあっさりと食べられます。
あさりだけというシンプルな一品ですが、ひとつひとつしっかりと歯ごたえがあります。

当座煮

食材の栄養プチ情報

今回の副菜に使われている「ひじき」について紹介します。
ひじきとは、ほんだわら科の褐藻類で、もともと黄褐色ですが乾燥すると黒くなります。
ひじきというと、今回のお弁当にも入っていた「ひじきの煮物」が代表的な料理ですね。 日本でも古くから食べられている食材です。

そんなひじき、栄養素も豊富です。
特に豊富なのが、カルシウム、食物繊維です。
カルシウムは、歯や骨の成形を助ける働きをします。丈夫な骨や歯を作るために、日ごろから摂取しておきたい栄養素です。
ひじきの可食部100gに含まれるカルシウムは、1400mg。これは牛乳の約12倍です。
食物繊維は、お腹の調子を整える働きをします。
ひじきの可食部100gに含まれる食物繊維は、43.3g。ごぼうは6.1gなので、約7倍です。

ひじき

ひじきは体に良いイメージをお持ちの方も多いと思いますが、 WHOから「ひじきの煮物」の損失余命が58分という発表がありました。
これは、無機ヒ素という成分の含有があるためですが、農林水産省によると乾燥ひじきを水に戻すと50%、茹で戻すと80%、茹でこぼすと90%の無機ヒ素が減ることが分かっています。 ご紹介したように、豊富な栄養素が含まれているので、常識的な量を食べる分には健康に悪影響は及ぼしません。
気になるようであれば、なるべく茹でこぼして食べるようにすると良いでしょう。

『食と健康社』のご紹介

6食・8食など、まとまった食数を冷凍状態で宅配便にてお届けします。必要なときに電子レンジで解凍してお召し上がりいただけるので、冷凍庫にストックしておいていただくことで、日々の食事はもちろん、お食事を用意する時間が取れない日などにご活用いただけます。
『食と健康社』の詳細はこちら(資料請求・注文も可能です)

【バランス栄養食】

生活習慣病の予防を第一に、栄養バランスを追求しながらおいしく調整した、健康保持。増進のためのお食事です。
魚・牛肉・豚肉・鶏肉などバランスよく取り揃えたメニューが130種類以上!
初めての方には試食コース、必要な時に一回ずつ注文したいという方にはお急ぎコース、継続的にご利用されたい方には定期コースがおすすめです。
定期コースは、一回の配送食数を6,8,10,12,14食から選択できます。ライフスタイルに合わせてコースや食数が選べます。

  • ・バランス栄養食【お試しコース】:3,960円(660円/食)
  • ・バランス栄養食【定期コース6食】:5,007円(835円/食)

冷凍状態で約6ヶ月の保存が可能なので、冷凍庫に保管しておけば、食事の準備が難しい時に役立ちますよ!まずはお試してみてはいかがでしょうか?
『食と健康社』の詳細はこちら(資料請求・注文も可能です)

  • 糖尿病・腎臓病の方向けの手作りの“療養食”をご提供します。
  • 冷凍なので冷凍庫にいれておけばいつでも食べられます!
  • お食事にお困りの方には「栄養相談」も承ります!
まずはお届け先の郵便番号を入力!
配達可能か確認します!
食と健康社が配達範囲外だった場合は、他の店舗をご紹介します!
正しい郵便番号を入力してください。