えびとえんどうの炒め物《食と健康社|バランス栄養食》

今回紹介するメニューは、食と健康社のバランス栄養食の中から「えびとえんどうの炒め物」!主菜+副菜3品で274kcal。 食と健康社のバランス栄養食は、生活習慣病予防を第一に栄養バランスを追及しながら美味しさにもこだわった健康保持・増進のためのお食事です。定期コースの6食セットの中のえびとえんどうの炒め物を主菜としたお弁当、さっそくレポートしていきます。

バランス栄養食『えびとえんどうの炒め物』


メインのおかずと副菜が3品入ってエネルギーは274kcalのお弁当です。
  • ・エネルギー:274(kcal)
  • ・たんぱく質:20(g)
  • ・脂質:13.2(g)
  • ・炭水化物:24.1(g)
  • ・ナトリウム:929(mg)
  • ・カリウム:511(mg)
  • ・リン:266(mg)
  • ・食塩:2.2(g)

このお弁当のメニューは、こちらの4品です。

  • ・えびとえんどうの炒め物
  • ・豚肩ロースの煮物
  • ・さつま芋と大豆の煮物
  • ・ほうれん草の和え物

えびとえんどうの炒め物

『えびとえんどうの炒め物』レポート!

ではさっそく食べた感想をお伝えしていきます!

えびとえんどうの炒め物

えびの下にはえんどう、キャベツ、人参がたっぷりと入った一品です。
赤・緑ととても色鮮やかなで見た目も華やかです。
しゃきしゃき、ぷりぷりと食感も楽しめます。
えびと野菜だけなので、なんとなく物足りない感じがしそうだな…と思いましたが、 とてもふっくらとしたえんどうが5~6本入っているので、予想以上に満足感があります。
普段から野菜不足を感じているので、これだけ野菜が入っていると嬉しいものですね。
中華風な味付けで、ごはんにのせても合いそうだなと思いました。

えびとえんどうの炒め物

豚肩ロースの煮物

豚肩ロースと餅巾着の煮物です。
餅巾着の中に入っているお餅はとてもやわらかく、歯茎や舌を使ってもかみ切れるほどです。 小さめサイズなので、喉に詰まらせる心配は少なそうですが、お餅はお餅なので食べるときには注意が必要ですね。
ごろっとしたお肉も噛み応えがありつつ、やわらかくなっています。
一口サイズではありますが、一口で食べるとだいぶ口の中がもごもごしてしまいますので、もう少し小さめだとより食べやすいと思いました。
味はとても優しく薄めです。

豚肩ロースの煮物

さつま芋と大豆の煮物

大豆とさつま芋とめかぶの入った煮物です。
めかぶが入っていることで、全体的に潮っぽい風味です。
さつま芋は細かく柔らかいため、箸で食べているとどんどんと細かくなってしまいました。
めかぶもさつま芋も食物繊維がしっかり入っているので、腸に良さそうな一品です。

さつま芋と大豆の煮物

ほうれん草の和え物

醤油で味付けられたほうれん草の和え物。
電子レンジで温めてもほうれん草がやわらかすぎることなく、程よい食感を残しています。

ほうれん草の和え物

食材の栄養プチ情報

今回の副菜に使われている「ほうれん草」について紹介します。
ほうれん草は、アカザ科ほうれん草属の野菜で、原産地はペルシャ地方と呼ばれています。
ほうれん草の品種は、大きく葉の切れ込みが深くとがった形をした東洋種と、葉の切れ込みがなく丸みを帯びている西洋種がありますが、よく見かけるものは両方の良いとこどりをした交雑種です。
通年で回っている野菜ですが、旬は11月~1月です。 生産量の第一位は千葉県、第二位は埼玉県、第三位は群馬県と関東が中心です。

お浸しや胡麻和えなどの副菜や、添え物として使われることの多いほうれん草ですが、ビタミン類・ミネラルともにとても栄養豊富な緑黄色野菜です。
特に注目したいのがβカロテン、鉄分です。
含まれるβカロテンは、ゆでたほうれん草100gあたり5400μgと、食品の中でもトップレベルです。
βカロテンは体内で必要な量だけビタミンAに変換されます。 免疫力を高める働きや、身体を酸化から守る抗酸化作用などがありますので、がんの予防や生活習慣病の予防にも効果的と言われています。
ほうれん草に含まれる鉄分は、牛レバーと同じくらい多いのです。
鉄分は、赤血球をつくるヘモグロビンの成分となります。ヘモグロビンは酸素と結びつき、酸素を体のすみずみまで運ぶ働きをしています。 鉄分が不足すると貧血になり、頭痛や疲れなどの症状が出たりします。
日本人、特に女性は鉄分が不足気味と言われているので、積極的に摂りたい栄養素です。
その他にも、風邪の予防に役立つビタミンCや、骨の形成を助けるマンガンなども豊富に含まれています。

ほうれん草

このようにほうれん草の栄養素は豊富ですが、実は夏のほうれん草に比べて冬のほうれん草はよりたくさんの栄養素を含んでいます。
特に冬の季節は、栄養満点のほうれん草を積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

『食と健康社』のご紹介

6食・8食など、まとまった食数を冷凍状態で宅配便にてお届けします。必要なときに電子レンジで解凍してお召し上がりいただけるので、冷凍庫にストックしておいていただくことで、日々の食事はもちろん、お食事を用意する時間が取れない日などにご活用いただけます。
『食と健康社』の詳細はこちら(資料請求・注文も可能です)

【バランス栄養食】

生活習慣病の予防を第一に、栄養バランスを追求しながらおいしく調整した、健康保持。増進のためのお食事です。
魚・牛肉・豚肉・鶏肉などバランスよく取り揃えたメニューが130種類以上!
初めての方には試食コース、必要な時に一回ずつ注文したいという方にはお急ぎコース、継続的にご利用されたい方には定期コースがおすすめです。
定期コースは、一回の配送食数を6,8,10,12,14食から選択できます。ライフスタイルに合わせてコースや食数が選べます。

  • ・バランス栄養食【お試しコース】:3,960円(660円/食)
  • ・バランス栄養食【定期コース6食】:5,007円(835円/食)

冷凍状態で約6ヶ月の保存が可能なので、冷凍庫に保管しておけば、食事の準備が難しい時に役立ちますよ!まずはお試してみてはいかがでしょうか?
『食と健康社』の詳細はこちら(資料請求・注文も可能です)

  • 糖尿病・腎臓病の方向けの手作りの“療養食”をご提供します。
  • 冷凍なので冷凍庫にいれておけばいつでも食べられます!
  • お食事にお困りの方には「栄養相談」も承ります!
まずはお届け先の郵便番号を入力!
配達可能か確認します!
食と健康社が配達範囲外だった場合は、他の店舗をご紹介します!
正しい郵便番号を入力してください。