【介護食】ミキサー食とは|作り方やレシピと購入方法について解説!

加齢によってかむ力や飲み込む力が低下していくと、食事が十分に取れず、栄養不足に陥ったり、誤嚥のリスクが高まったりすることがあります。ミキサー食は、かむ力や飲み込む力が低下した人のための介護食の種類の一つです。本記事では、ミキサー食のメリット・デメリット、ミキサー食に適している人などについて押さえた上で、ミキサー食を用意する方法、作り方、具体的なレシピなどについて紹介します。

【ミキサー食とは】

ミキサー食とは
介護食のミキサー食とは、かむ力である「咀嚼機能」や、飲み込む力である「嚥下機能」の低下した人が食事を取りやすくするために、ミキサーでペースト状の形態にした食事のことをいいます。介護食には、刻み食、ソフト食、ミキサー食、ゼリー食といった種類があります。かむ力がほとんどなく、飲み込むことが難しい人に適しているのは、ミキサー食です。

 

ミキサー食のメリット

高齢者の食事をミキサー食にすることで、次のようなメリットが挙げられます。

  • ・かむ力がほとんどなく、飲み込むことが難しい状態でも食事を取ることができる
  • ・咀嚼機能や嚥下機能の低下による、栄養状態の悪化の改善を図ることができる
  • 胃腸の負担を軽減するとともに、栄養を早く吸収できる
 

ミキサー食のデメリット

高齢者の食事をミキサー食にすると、次のようなデメリットが生じることがあります。

  • ・食べ物の形状がなくなるため、「プライドが傷つけられた」と感じる可能性がある
  • ・ミキサー食を家庭で手作りする場合は家族の手間がかかる
  • ・見た目がおいしそうではなく、どれも同じメニューに見えることから、食欲が減退することがある
  • 水分量の多さから満腹になってしまい、必要な栄養を摂取できないことがある
  • ・水分が多すぎても、粘度が強すぎても、誤嚥するリスクがある
 

ミキサー食を必要とする人

ミキサー食が向いているのは、次のいずれかに該当する人です。

  • かむ力がほとんどなく、飲み込むことが難しい人
  • ・歯がなく、口が開きにくいため、歯茎ですりつぶすことが難しい人
  • ・食道や胃腸などの消化器官が弱っている人

介護食には、刻み食、ソフト食、ミキサー食、ゼリー食といった種類があり、安全に、できる限り楽しみながら食事を取れるよう、咀嚼機能や嚥下機能に合った形態のものを選択することが大切です。

歯がない場合であっても、歯茎でかむことができれば、普通食と同じ素材を圧力鍋で調理したソフト食を取れることがあります。しかし、口が開きにくく、ソフト食を歯茎でかみ、飲み込むことが難しい場合は、ミキサー食が向いています。また、咀嚼機能や嚥下機能の低下などによって食道や胃腸といった消化器官が低下している場合においても、ミキサー食が向いているケースもあります。

【ミキサー食とペースト食の違いとは】

ミキサー食とペースト食は、見た目が似ているものの、どのような違いがあるのでしょうか。

ペースト食とは、加える水分を極力抑え、ミキサーでペースト状にしたものをいいます。ミキサー食とペースト食の違いは、粘度にあります。ペースト食はねっとりとしているのに対し、ミキサー食は水分を加えてミキサーにかけるため、とろりとした形態です。ミキサー食もペースト食も、かむ力がほとんどない人に向いている介護食ですが、粘度はペースト食の方が強いことから、ある程度の飲み込む力が必要です。

ただし、介護施設などでは、必ずしもミキサー食とペースト食が区分されているというわけではなく、同じものとして扱われていることもあります。

【ミキサー食を用意する方法】

ミキサー食を用意する方法
在宅介護において、要介護者の咀嚼機能や嚥下機能の低下などによってミキサー食が必要となったとき、用意する方法としては、主に次の3つが挙げられます。

  • ・食材を買ってきて自宅で作る
  • ・インターネットで宅配弁当などを購入する
  • ・ドラッグストアやスーパーなどの実店舗でレトルトタイプを購入する

食材を買ってきて自宅で作る方法は、要介護者の好みを考慮できるというメリットがある反面、手間がかかることがデメリットとして挙げられます。インターネットで宅配弁当を購入すると、家族などの負担を軽減することはできるものの、ミキサー食に対応している業者が限られています。ドラッグストアやスーパーなどの実店舗において、レトルトタイプのミキサー食を購入する方法は手軽に取り入れやすいですが、見た目が「代わり映えしにくい」といったデメリットがあります。

メリット・デメリットは、いずれの方法においてもありますので、介護者や要介護者に合った方法を選択するようにしましょう。

 

食材を買ってきて自宅で作る

在宅介護においてミキサー食が必要となった場合、介護者などが食材を買ってきて、自宅で作る方法があります。自宅でミキサー食を作る方法は、工夫次第で要介護者の好みに合ったものを作れるといった点がメリットであるといえます。

しかし、栄養価のあるおいしいミキサー食を作ることは、慣れるまで難しさを感じるかもしれません。また、自分や家族の普通食と分けてミキサー食を作るのは手間がかかるといった点がデメリットであるといえます。自宅における手作りで手間を軽減するためには、おかゆややわらかく煮込んだ肉、魚などの食材をそれぞれ多めに調理し、冷凍しておくと良いでしょう。

ミキサー食には、食材による向き・不向きがあるため、食材を買って自宅で作る場合は、ミキサー食に向いている食材を選んで使うことがおすすめです。

<ミキサー食に向いている食材>

  • ・ホウレンソウなどの葉物の野菜の穂先の部分
  • ・イモやマメといったでんぷんが多く含まれた食材
  • ・トマトやニンジンなどの繊維質の少ない野菜
  • ・脂肪分の多い肉や魚

<ミキサー食に向いていない食材>

  • ・コンニャク、シイタケ、シメジなどのキノコ類といった弾力のある食材
  • ・ゴボウ、タケノコなどの繊維質の多い食材
  • ・滑らかになりにくい脂肪の少ない赤身の肉や魚
  • ・餅
 

インターネットで宅配弁当などを購入する

インターネットを利用して、ミキサー食の宅配弁当を購入する方法もあります。高齢者向けの宅配弁当を取り扱っている業者の中には、介護食を扱っているところもありますが、刻み食、ソフト食、ムース食を取り扱う業者が中心です。数は限られるものの、ミキサー食の宅配弁当を扱っている業者もあります。

ミキサー食の宅配弁当は、常温の弁当を業者が届けるタイプ、冷凍したものを宅配便で届けるタイプに分けられます。

宅配弁当を利用すると、家族などの調理の手間が省けるといった点がメリットであるといえます。また、食欲が感じられるよう、彩りが良くなるように、見た目の工夫をされていることが多いです。常温の弁当を業者が届けるタイプの場合、業者によっては要介護者の嚥下機能の状態に合わせて、とろみを調整してもらうことができます。

ただし、常温の弁当を業者が届けるタイプは、配達エリアが限られているため、ミキサー食の配達を受けられる業者が近くにない可能性もあります。また、ミキサー食ではない介護食の宅配弁当や、ミールキットを利用してミキサー食を作る方法もあります。一から作るよりも手間を省けるといった点がメリットですが、ミキサー食に向いている食材ばかりが使用されているとは限らないといったデメリットもあります。

 

ドラッグストアやスーパーなどの実店舗でレトルトタイプを購入する

ドラッグストアやスーパーなどの実店舗において、レトルトタイプのミキサー食を購入する方法があります。レトルトタイプのミキサー食は、おかゆ、肉、魚、野菜のおかずなど、バリエーションが豊富です。湯せんや電子レンジで温めて食べるのが基本ですが、常温のままでも食べられる商品もあります。

レトルトタイプのミキサー食は、手作りの食事とも組み合わせやすく、手作りのミキサー食では滑らかにするのが難しい肉や魚のおかずも取り入れやすい点がメリットです。また、レトルトタイプのミキサー食は、常温で長期保存が可能なため、非常食として備えておくこともできます。

ただし、レトルトタイプのミキサー食は、見た目が似通っているため、それだけを利用すると変化を付けにくいといった点がデメリットであるといえます。

 

【ミキサー食の基本の作り方】

ミキサー食の作り方
ミキサー食の基本的な作り方は、以下の手順となります。

  1. 1.必要に応じてだしなどの水分を加え、料理の具材を一つずつミキサーにかける
  2. 2.滑らかな口当たりになるように、とろみを付ける
 

ミキサー食を作る際には、次の点に注意が必要です。

  • ・ミキサーにかける前の食事を要介護者に見せ、メニューをイメージしやすいようにする
  • ・見た目から食欲が減退しないように、彩りや盛り付けなどを工夫する
  • ・できるだけ食材を一品ずつミキサーにかけ、元の食材が分かるようにする
  • ・ミキサー食は水分量が多いため、必要な栄養を確保するためには普通食よりも多い量を用意する
  • ・水分が多いことから少量でも満腹になってしまう場合、高カロリー・高タンパク・高脂肪の食材を取り入れる
  • ・水分が多い場合には、とろみ剤、片栗粉、コンスターチなどでとろみを付けることが必要。ただし、とろみが強すぎると飲み込みにくくなるため、ポタージュスープの粘度を目安に、嚥下機能の状態に合わせて調整する

水分が多い場合にとろみを付けるのは、誤嚥を防ぐためです。とろみ剤とは、食材の温度を問わず、適度にとろみを付けることができる粉末の食材で、デンプン系、グアーガム系、キサンタンガム系といった種類があります。

 

肉を使ったミキサー食のレシピ

肉を使ったミキサー食を作る際には、家族用の食事と同じものを活用すると、一から作る手間を省くことができます。例えば、ハンバーグやつくねといったひき肉を使ったメニューに水分を加えてミキサーにかけ、ペースト状にしたものにとろみを付ければ、簡単にミキサー食が完成します。このときに、山芋や豆腐といった食材を加えると、ふんわりとした食感になって食べやすくなります。

【ハンバーグの作り方】

  • <材料>
    • ・ハンバーグ:100g
    • ・お湯:100cc
    • ・ミキサーゲル:1.5g
  • <作り方>
    • 1.ほぐしたハンバーグをミキサーに入れる
    • 2.お湯とミキサーゲルを加える
    • 3.ミキサーでかき混ぜる

参照:MiyaGen|ハンバーグの作り方

 

魚を使ったミキサー食のレシピ

魚は、肉と同様に水分を加えなければ、ミキサーにかけても砕けていくだけになるため、だしなどを加えるようにします。また、魚の脂肪分が少ない場合は、生クリームを加えると、より多くのエネルギーを摂取することができます。

【ぶり大根の作り方】

  • <材料>
    • ・ぶり:60g
    • ・大根:70g
    • ・ショウガ:少々
    • ・A(だしの素:1g、水:100g)
    • ・B(砂糖:4g、しょうゆ:6g)
    • ・C(だしの素:0.3g、水:50g)
    • ・D(だしの素:0.5g、水:20g)
    • ・とろみ剤:適量
  • <作り方>
    • 1.大根は厚めのいちょう切りにし、Aで10分程度煮た後、Bを加えて柔らかくなるまで煮る
    • 2.1に半分に切ったぶりと薄切りにしたショウガを加え、柔らかくなるまで煮る
    • 3.2のぶりをほぐし、大根を細かく切った後、Cを加えてさらに柔らかくなるまで煮る
    • 4.3にとろみ剤を加えてミキサーにかける

参照:味の素KK業務用商品サイト|ぶり大根〈病院・介護施設向け〉

 

野菜を使ったミキサー食のレシピ

野菜を肉や魚と一緒にミキサーにかけてしまうと、色は「茶色」になり、彩りが悪くなってしまいます。野菜だけを別にしてミキサーにかけるなど、上手に活用することで見た目も楽しい食事となります。

【トマトサラダの作り方】

  • <材料>(3~4人分)
    • ・トマト:200g
    • ・ミキサーゲル:3g
  • <作り方>
    • 1.トマトの種や皮を取り除いて、1~2cm程度に切る
    • 2.カップにトマトを入れて、マッシャーで押しつぶす
    • 3.ミキサーゲルを入れ、ゴムベラで30秒混ぜて2~3分置いた後、再度30秒程度混ぜる

参照:MiyaGen|トマトサラダの作り方

 

豆腐を使ったミキサー食のレシピ

豆腐は、ただつぶしただけでは飲み込みにくいため、とろみを付けるようにします。また、木綿豆腐よりも絹ごし豆腐の方が滑らかで口当たりが良く、ミキサー食に向いています。ただし、ハンバーグなどに混ぜる場合は、木綿豆腐でも食べやすくなります。

【ホウレンソウの白あえの作り方】

  • <材料>
    • ・ホウレンソウ:50g
    • ・木綿豆腐:60g
    • ・A(ねりごま:4g、砂糖:2g、だしの素:1g、塩:0.5g)
    • ・B(だしの素:0.2g、水:25g)
    • ・とろみ剤:適量
  • <作り方>
    • 1. ホウレンソウを柔らかく茹で、細かく刻む
    • 2.豆腐を茹でる
    • 3.すり鉢に2を入れ、滑らかになるまですった後、Aを入れてよく混ぜる
    • 4.1をBで柔らかく煮る
    • 5.ミキサーに3と4のホウレンソウ、煮汁、とろみ剤を入れてかき混ぜる

参照:味の素KK業務用商品サイト|ほうれん草の白和え〈病院・介護施設向け〉

 

デザート・おやつのミキサー食のレシピ

ミキサー食は、低栄養になりやすいため、乳製品、卵、果物などを使ったデザート・おやつをプラスすることで、不足している栄養素やカロリーを補うことができます。乳製品の中でもヨーグルトはそのままでも食べやすく、果物の果汁はゼリーやムースにするのに向いています。

【メロンのムースの作り方】

  • <材料>(2人分)
    • ・メロン:200g
    • ・水:200g
    • ・ミキサーゲル:3g
  • <作り方>
    • 1.ミキサーにメロンと水入れてかき混ぜる
    • 2.ミキサーゲルを加えて3分程度置いた後、再びびミキサーで5~10秒程度かき混ぜる

参照:MiyaGen|メロンのムースの作り方

【まとめ】

咀嚼機能や嚥下機能が低下した状態では、普通食だと誤嚥などのリスクがあります。介護食は、咀嚼機能や嚥下機能に合ったものにすることが大切ですが、かむ力がほとんどなく、飲み込むことが難しい人に向いているのはミキサー食です。ただし、ミキサー食は、食材の形状が残っていないため、見た目から食欲が減退しやすいので、メニューの組み合わせや盛り付けなどについては、工夫するようにしましょう。

お弁当をお届けできる店舗を検索します
お届け先の郵便番号を入力してください。
お弁当をお届けできる店舗を検索します
お届け先の郵便番号を入力してください。
WEB限定 お弁当を注文された方全員にあんしん相談室からお茶プレゼント!! WEB限定 お弁当を注文された方全員にあんしん相談室からお茶プレゼント!!